ご褒美につられたら、息が苦しくなくなった理由

自分にご褒美を用意すると
頑張らなくてもできちゃう!!

って事、ありませんか?

昨日はダイビングのプール講習で
水に潜れない、息が苦しくなる、
という関門をなんとかクリアしたお話をしました。

プールではできたけど、
実際に足のつかない海でそれができるのか?

確信は何もありませんでした。
が、心配はしていませんでした。

しかし、
装具をつけて、いざ海に潜ろう!!
という段階で、

また始まってしまったのです。
「こわい!!」
「息ができない、苦しい」

逃げるわけにはいかない。
相棒になった方は先に海に戻っている。

ロープにつかまりながら、
海面にプカプカと浮かびながら
恐れと闘う

決意して、ロープをたどって潜るが、
口から鼻から水が入ってきて、
すぐに海面に顔を上げてしまう私。

書いていて、笑ってしまいますが、
本当に根性なしの私でした。

その日バディになった
相棒は全く泳げない。

それでも、ロープをたどって、
先に海中に潜ってしまった。

私だけそこでやめるわけにはいかない。

3回目の決意で、
やっとロープをたどって、
田尻さんがみえるところまできました。

そこで
私の意識が全く変わったのです。

海底のサンゴと、
美しいお魚さん達がそこにいたのです。

2020_30.11.12hige_201113.jpg

その瞬間、息が苦しいのも忘れて、
「ニヤッ」としてしまいました。

そしたら、口から水が入りそうになり、
慌てて、口呼吸に意識が半分戻りました。

こんなに美しい世界を
この目で見れるなんて!!

潜ってよかった〜。
と始めて思いました。

 

一回のダイブは30分ほどなので
、講習を終えて無事船上に戻った時、
もう終わり??と思ったくらいです。
(ゲンキンなワタシ ^^;)

劣等生の私は、午後から
マンツーマン指導を受けることになりました。

が、しかし、
次のダイブもその次のダイブも船から、
海中に潜る瞬間は怖いんです。

なぜでしょう?
もう、理由なんてわかりません。

最初は怖くても潜ると、
綺麗なお魚が見れることがわかったから、
気持ちは海底に向かいます。

 

不思議なことに、
海底につくと呼吸が安定して、
気持ちが楽で留まっていられるのです。

2020.11.11hige_201117.jpg

前世は深海魚だったんじゃないか
と思いました(笑)

次に待っていたのは、
装具の空気を抜いて一気に潜行するチャレンジでした。

それも、最初は恐れを感じました。

が、もう、それにも慣れてきました。
恐れに慣れるって、あるんですね。

 

そのあとのご褒美(きれいな魚達との出会い)
をイメージして、乗り切れました。

自分自身の感情と思考との闘いの末、
ご褒美につられて
恐さを乗り越えられた感じです。

大切なのは、
なぜ?できないか??

原因探しをするのではなく

どうやって楽しみを見つけるか?
なんの楽しみにつられるか?

です。

結果として願いが叶うと
「◯◯だったからだ〜」と
その原因に気づいたり

理由とか、とうでもいい!!
やりたいから、やった。
ただそれだけ

と、シンプルになるのです。

頭の中で
ごちゃごちゃ考えなくなるから
恐れにも囚われなくなる!

というわけです。

 

この難関を乗り越えるのに
あともう一つ、
偉大な力が働きました。

さて、それは、なんでしょうか?

明日は、その大きな力について
お話しますね。

 

「怖い、できない」私の
やる気スイッチをON!!に
した体の動きを伝授します。

こちらの体験セッションで
お待ちしていますね(^ ^)
%%%_LINK_26128_%%%

トーラスマスターFB1.jpg

11月25日(水) 13:00〜
11月25日(水) 15:30〜
11月27日(金) 13:00〜
11月27日(金) 15:30〜
11月28日(土) 13:00〜
11月28日(土) 15:30〜