知らないと一生損する呼吸のコツ大公開!!

 

ストローで飲み物を飲む時、
そのストローはどこにありますか?

①歯より唇側
②歯より内側

父と娘.png

どちらですか?

このストローの位置によって
飲みにくさ、飲みやすさが変わります。

 

どちらが自分に取って自然か?です。

 

呼吸も同じです。

9月16日(水).png

深呼吸をする時、舌の先はどこについていますか?

①下の歯の裏側
②上の歯の裏側
③上顎

これも試してください。

この舌の位置が深呼吸の深さを左右します。

③が一番深く吸えるのではないでしょうか?

ストローもいつも歯より唇側で使っている人が
歯よりも内側にストローを入れて吸うと
溺れそうになるくらいにたくさん入ってきます。

 

この舌の位置が呼吸を深くするコツその①でした。

 

呼吸を深くするコツその②

呼吸は口や鼻でしているのですが、
横隔膜
という筋肉を使っています。

この横隔膜の動きをよくする動きはコレです。
(関連記事が開きます)

耳ひっぱり.jpeg

耳を引っぱるだけでも
横隔膜が緩んで動きやすくなり、
呼吸が深くなります。

 

 

呼吸を深くするコツその③

胸骨の上を上下にスリスリマッサージする

父と娘 (1).png

ここは横隔膜を活性化するツボです。

 

この3つのコツはいつでも、どこでも
できる簡単なものばかりなので
普段の生活でも取り入れてみてくださいね。

 

詳しく知りたい場合は直接メールか
Facebookのメッセンジャーから
ご連絡くださいね。

 

体験セッションなら直接お教えできます。
詳細はこちらから▼▼
%%%_LINK_25046_%%%

 

呼吸が深くなれば、
心も体も思考も安定してきます。

 

集中力も増して
本来の力を発揮しやすくなります!!

 

イライラもオロオロも
どうしよう〜、困った〜も
少なくなってくるでしょう。

何か変化があったら教えて下さいね。

 

アタマとココロとカラダは繋がっていて

カラダはその土台です!!

スライド1.PNG
仕事で
最高のパフォーマンス
を出したいと思ったら、

カラダの感覚を大切にする
ことを忘れないでくださいね。