半沢直樹から知る二つの自信のつけ方徹底解剖!!

 

「賛同意見は言えるけど
反対意見は言えません。」

 

というコメントをFacebookに頂きました。

 

あなたも、賛成は言えるけど
反対は言えないということはありますか?

 

なぜ言えないのでしょう?

 

反対意見を言ったら
否定されるかもしれないからですか?

 

反対意見を言う自信がない
から、でしょうか?

 

確かに、誰もが半沢直樹さんのようには
なれないですよね。

半沢直樹2.jpg

半沢直樹さんが意見を言っているのは
自分の我を通したいのではないのです。

お客様のため
銀行員のプライドのため

ですよね。

 

より多くの人のために

自分の誇り

のためですね。

 

そうです、自分軸です

自分軸とはこんな順番で出来上がります。

自分軸と自己中.png

自我(自己中心の時代)があって
周りも見えていて
更に自分の意志を持っている

 

お客様のためはに誠意を尽くすのは
モチロンですが、それだけでは強くなれません。

 

他人軸を越えて

自分の中に、確固とした自分軸
を確立すると、自信誇りが生まれます。

ヒト自信 本当の自分.png

この自信は人に対する自慢ではなく
自分に対する自信です。

 

これがあれば、自然に行動ができます。

 

自分に対する自信の持ち方については
次のブログで書きますね(^^)/